投稿

シンガポールから桜を見に友人がやってきた。(二回目)

      毎年恒例になってきてるシンガポールに住む友人ロビンくん(華僑系インドネシア人)とのお花見の会。 今年もこの時期に仕事をたくさん入れ…

バンコクに住んでわかった7つのこと

    INSPISM : 恵比寿に住んでわかった7つのこと(基本編) 友人Ryockくんのこのエントリーが面白かったので、   おれなんか海外バージョン書けちゃうんだもんね!と、 対抗心をむき出しにしてみましたw (一度でいいから恵比寿なんてオシャレな街に住みたかった。。)   バンコクには、行ったり来たりを繰り返し、 今住んで4ヶ月くらいでしょうか。   大体、長く住んでる人はその街の事が相対的に見えなくなってくるもんです。 生まれ故郷のことなんかきっと一番わからない。   これ、いろんな街に住み始めて半年くらいの人の記事まとめていけば、 かなり有益なデータになってくると思うんですよね。   そんなわけで、バンコクに住んでわかった7つのこと、はじめます!     1.美味しいタイ料理がいたるところで食べられる。(POSITIVE)   タイ料理好きな人にとっては天国です。街を歩けば屋台ばっかり。 大体、100メートルあるくごとに屋台の集まる一角を見つけることができます。 ただし美味しいかどうかは、わからない。日本のタイ料理屋さんは日本人向けにアレンジされてるので 美味しい店が多いですが、タイでは全てがそうというわけじゃない。歩いて探しましょう。 僕は美味しいトムヤンクンがめちゃ安く食べられる店を見つけました。 一番頼りになるのは住んでる人の口コミでしょうか。 屋台によっては、30分くらいザラにまたせる名店も存在します。   2.オカマが本当にいっぱいいる(Negative)   噂以上のオカマ天国です。 美人を見ればオカマと思って間違いないでしょう。(泣) 基本的に見分けるポイントは声と身長ですが、その2つもクリアした完全義体のサイボーグもいます。 国際結婚を夢見る男性はご注意を。※付き合ってもわからないそうです。   3.物価が安く、お金がぜんぜん減らない。(POSITIVE)   お金全然減らない。毎日好きなもの食べて、ビール飲んで、タクシーで移動しても 日本にいる時の半分も使わないでしょう。家賃も安く、都内のワンルームに住めるひとなら こっちでプール付きオートロックの夜景が綺麗なホテルみたいな部屋に住めます。 ジムがついてたりお手伝いさんもいます。   辛いことがあって死にたくなったら 今すぐ仕事をやめてバンコク行きの航空券を手配しましょう。   4.渋滞がひどい。(Negative)   世界でも有数の渋滞シティバンコク。特にスクンビット通り付近の込み具合はひどく バスに乗っていくと、電車で行く時に比べて三倍くらい時間がかかります。 そのため、バスは非常に安く庶民の足に。電車はお金持ちの移動手段と はっきり住み分けられているほど。 ただ、バスで移動すると乗り合わせたおばちゃんがお菓子をくれたり 気持ちがほっこりすることもあります。急げばいいってものじゃないよね。    5.セブンイレブンがいっぱいある。(POSITIVE)     コンビニ大好きな人はご安心を。日本以上の頻度でセブンイレブンがあります。 ただし、セブンプレミアムのおにぎりやロールケーキはありません。 そのかわり、全く未知のコンビニフードが僕を迎えてくれました。これについては 今度書きます。今お気に入りなのは、その場で焼いてくれるツナクリームのホットサンド。 これ書いたらあとで食べます。   6.英語の勉強がたぶん世界一捗る。(POSITIVE)       僕は仕事でタイにくる度にネイティブのアメリカ人に英語を教わっています。 話題のフィリピン留学にも行ってきたけど、英語を勉強するなら 恐らくタイに滞在するのが最もコストパフォーマンスがよく、そして質が高いと思います。 海外ノマドになりたい人は、今すぐ日本の恋人に了承を得て、 数ヶ月タイで過ごしましょう。こっちで恋人を作ると勉強に集中できないのでそれは禁止。   これに関しては、いずれまとめようと思います。       7.ときどき、手榴弾とか投げ込まれる。(Negative)     まだまだ予断を許さない、というかますます緊迫しているバンコクと周辺地域の情勢。 僕の職場もいま、軍隊に警固された状態で仕事をしています。 一部地域では銃撃戦や爆弾騒ぎもあります。 だけど、90%以上の地域ではデモは平和的で、カラオケ大会をしたり 売店でお買い物をしたりしています。 そう。日本の震災の時のように 海外ではこういった事件はセンセーショナルに報道されるものです。 (日本全土もう住めないとかね。) まもなくタイの運命を左右する…