六本木の映画祭でvegesushiの映像が最優秀デザイン賞を受賞しました。

  寿司をつくって映像を撮っていたら、映画祭で賞をとってしまったでござる。   ということで、タイトルにあります通り、六本木にある妙善寺というお寺でおこなわれる インディーズ映画祭の妙善寺映画祭にて、私の監督した作品、vegesushiのドキュメンタリーが 最優秀デザイン賞という結構な名前の賞をいただくことになり、授賞式に行ってまいりました。 一応、人生初のレッドカーペットですね。笑 vegesushiのメンバー、けいちゃんと淳くんも一緒に。 けいちゃんはこのセルフドキュメンタリーの助監督でもあります。   寿司作りを通して、海外の様子を日本に伝えたり、日本のカルチャーの新しい試みを海外に発信したりと 世界と日本をつなげる一つのチャンネルになれたら、と思ってこの活動を続けています。 その辺が評価されたのならとても嬉しいです。     もともと映画祭ってヨーロッパでは修道院でおこなわれたりするので、 お寺でやるのは、正統派なのかも..     映画賞の他に、この妙善寺の住職からなぜか僕に、縁結びの絵馬が贈られました。 この人、オレが一番必要な事をわかっている!?笑 ありがたく頂戴しました。   vegesushiについてはこちら http://vegesushi.eu/jp  

vegesushi冬バージョン製作中

    夏はカラフル色彩を"彩る"…

「おかえり」と言ってくれる街が増えること

  二日間だけ京都に、戻ってきた。 …