ドラマの初監督しました。(BBT大学デザインシンキングの講義で)

  大学の授業を連続ドラマにしてしまおう!ということで自分で撮影、編集、監督、脚本。 映像制作のスキルと、講師のスキルを組み合わせる試みを始めました。                   ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学・学長:大前研一)にて、 デザインシンキング(デザイン思考)の講義を担当することになりました。 もともとデザイナーとして10数年間やってきたことや、 その他の様々な取り組みから得た経験をベースに株式会社amana様などで 社員研修プログラムの講師をしておりました。 http://hoxai.com/archives/2644   今回はオンラインの現場でワークショップが主体のデザインシンキングをどう プログラムに落とし込んでいくかというちょっと難しい試みに挑戦しております。 そのため、臨場感をもって授業を受けてもらうためにドラマ形式の講義を製作。 連続ドラマ形式で、ある企業がデザインシンキングを導入して成長していく様子を描きました。 hoxaigraphicsとしてドラマ、初監督作品になります。     はじめてカメラを回したり脚本考えたり出演者にオファーしたりしましたが デザインワークと違った共同作業の素晴らしさに感動しました。 出演、製作の皆様本当にありがとうございました。   生活者の視点にたち、一見泥臭いように見えるフィールドワークや 試作と検証を繰り返す中見えてくる気づき、 バカバカしく思えるアイデアを創造性豊かなソリューションに昇華するには といったテーマをビジネスの学校で取り組むことは今とても意味があることです。 結果学生の満足度が97%と非常に高い授業となりました! 今後も改良を重ねより良い講義にしていきたいです。     BBT大学サイト http://bbt.ac/ BBT大学 デザインシンキング(シラバス) https://docs.google.com/document/d/1GZqi2FMRzE8MZb72510OaYi21igPSzAtu-0rl4vi_sI/edit