バンコクで、タイ古式占いを学びました。

  タイの職場にもだんだん慣れて来まして、仕事仲間と冗談をいったり休み時間にお菓子食べたり、 (どこで買ってくるのか未だにわからない謎の味のものばっかり。) すっかり馴染んでいます。   そんなある日、同僚のヌイさんが、妙な占いをしているというので、占ってもらうことに。 彼女の占いはタイに古くから伝わっている誕生日を使ってその人の運命を割り出す、 いわゆる"命術"に当たるものでした。命術の仲間には、占星術、四柱推命、気学などがありますね。 (占いは他にも、卜術、相術があります。昔は医術などもその仲間だったみたい。)   なんでこんな解説してるかというと、僕が七人組占い師ユニット not-for-saleのメンバーだからなんです。 http://not-for-sale.jp/ 僕の占いは易といって、卜術にあたります。タロットカードなどと同じ、その場ででてきたものに インスピレーションを与えて答えを導き出す占い方ですね。 相術は、手相や人相など、その人のフィジカルなサインから状態を見ていく術です。   さて、話はそれましたが、このヌイさんのタイ古式占いは干支をベースとしているところから 中華文明にルーツがありそうです。タイの歴史を考えれば当然ですが。   ※占いをしているヌイさん。同僚たちの間でもちょっと当たりすぎて怖いと噂に。笑   特徴は運命がめぐるというところで、12年でひとまわり、また同じ運命を繰り返していきます。 人生は繰り返す円環型だという捉え方は、非常に興味深いです。   やはりこの地に根ざしている輪廻転生を説いているタイの上座部仏教の影響が見て取れますし、 (仏教が本来それを説いていたかというお話は、また別の機会に、、)   その輪廻転生の死生観は、そもそも東南アジアの農耕文明が背景にあって育ってきたものですね。 毎年生と死が綺麗に繰り返されていく自然は、そこに住む人間の価値観にも影響を与えるものです。   で、おなじ循環型の自然に住んでいる日本人の私にも適合するということなのか、 非常に当たっています。笑   これによると僕の結婚のベストタイミングは再来年だそう。 ほんまかいな。   さて、技術交換して、この不思議な不思議な占いのきほん、学んできました。 日本で実験台になりたい人は是非どうぞ。   壮玄の帰国は、11月7日です。

シンガポールで活躍しているシンガー・ソングライター、Sachiyoさんのサイト作りました。

    シンガポール在住のシンガー・ソングライター、Sachiyoさんのサイトを制作しました。 Sachiyoさんは日本生まれのシンガポール育ちで、幼少期に1974年、に日本人で初めての シンガポール航空のモデルとして起用されて以降、日本とシンガポールの架け橋として 長年、芸能活動を続けて来た人です。   サイトは、日本とシンガポール両方の要素を融和させたコスモポリタンなデザインを意識しました。 あからさまな和風や、あからさまなシンガポールをやめて、 どちらの国の人にも必要以上に外国を意識させない、ニュートラルさを大切にしようと思いました。           1974〜76 シンガポール航空 日本キャンペーン       日本のメディアでも、しばしばシンガポールの魅力を紹介したりしています。   彼女は日本生まれですが、海外の環境で育ち、あちらの社会で活躍している いわゆる"倭僑"の一世だとおもうのですが   一緒にお仕事をする中で、日本人であろうとする姿勢を強く感じました。 東日本大震災に関するチャリティー活動にも積極的で、 その動き方も日本人の社会のしがらみに縛られず、シンプルにそして純粋に行動されています。   ある意味において日本で育った人よりも日本的なところがありますね。 それだけ自分のルーツを強く意識して生活されているということなんだと思います。   海外にいると余計に母国に対して考える事が多くなりますし、 また外側から冷静に今日本で置かれている環境や、関係性を見つめることができます。   今後は、倭僑の人がもたらす視点を通して、日本人が得られることがとても多くなりそうです。   Sachiyo official…

タイでデザインを二ヶ月教えてわかってきたこと。

    タイはバンコクのデザインスクールでデザインやアートディレクションをタイ人の学生さんに教えて、 トータル二ヶ月が過ぎました。(頻繁に日本に帰っているので合計そのくらいです。) 文化も言語も違う人たちとデザインについて一緒に考えたり悩んだりして見えてきたことがあります。 まだまだこれから深く知ることもあると思うのですが、現時点での僕の考えを述べたいと思います。 (もしかしたらこれから二転三転するかもしれないしね!)   タイ人のデザイン能力は高いか低いか。   答えはイエスであり、ノーです。 タイは工業大国であり、伝統的に手先の器用さを生かした工芸品がたくさんあります。 また、世界中の工場が集まっている事からわかるように、 手を使った作業の能力は非常に高いと言えます。   これは、街のどこにでも出ている屋台のフルーツ屋さんのパイナップルです。     このようにカービング(彫刻)が施されたフルーツが50円程度で手に入れることができます。 特別なスキルじゃなくて、そのへんのおじさんおばさんがこれをやっているんですね。 庶民の一人ひとりの手先の器用さがかなりのレベルに達しているってことだと思います。   寺院に行けば高度な装飾がどこでも見れますね。     ですので、経験の浅いデザイナーでも表面的には一見ベテランであるかのような物を作る事ができたりします。 Photoshopやillustratorを使わせると、細かいTipsや、時短テクニックを本当に良く知っていてびっくりします。 逆に僕はそういうのがあまり詳しくない方ですから、僕のほうが勉強になるくらい。笑   短時間で技術を習得する能力は日本人の遥か上を行きます。   そんな彼らですから、僕は最初の授業のとき、 タイの学生さんはすごい。いずれ世界を席巻しちゃうんじゃないか、と思ったんですね。     でも、実際はそう簡単にはいかない、ということがだんだん分かって来ました。       デザインを通じての問題解決が苦手な学生さんたち。   もちろんタイ人に限らず、デザインを初めて間もない頃は誰しも、デザイナー=アーティストのようなもの と考えてしまいがちです。 ですが、他の国のクリエイターと比べたとき、割と長くデザイン業界に携わっている人でも タイの場合そういう捉え方をしているケースが多いのです。   そんなわけで、この国では デザイン=問題解決の手法 という認識はあまりありません。   これには色々な原因があると思っていますが、 先ほど述べたように非常にテクニックに長けた文化をもっている人たちであると同時に、 タイ人特有の自分大好き!国民性にあるような気がします。       自分大好き。Facebookにアップする写真は大体自分。     (コンビニには美容雑誌、CMはコスメ関係が非常に多い。日本のファッション誌も。)     タイの人はいわゆる自撮りだいすき。 日本のプリクラのようにFacebookに自分の写真をアップします。 また、化粧品や美容用品など、自分の見た目をよくしてくれるものに高い関心を持っています。   男性でもトイレにいくと鏡の前で何分も髪型を直している人がいっぱい。   そういえば、ニューハーフの人たちも非常に美容に関心が高いですよね。   こうした見た目重視、内面はその次的国民性は、建築物やまちづくりにも現れていて、 大きなビルディングの内装が素晴らしい大理石で作られていても、掃除用具入れの扉をひらくと かびだらけの打ちっぱなしコンクリートの壁が広がっているという光景がしばしば。       こういうところがデザイン作業にもしばしば現れてきたりします。   授業で製作物を作らせてみると、コンセプトメイキングにかける時間はたった数分。 あとは、ひたすらディティールに凝りだして、ずっと完成度を高めていきます。   「コンセプトそれだけでいいの?他に参考資料とか見なくていいの?」と聞くと 「俺のアイデアのほうが優れている!任せてくれよ!」と自信満々。 (自分大好きだから)   そして。出来上がるものも、見た目はそれなりに、というか結構見栄えのするものが出来上がるのです。 ただし、役に立つのかどうか、それはまた別の問題。   ある人から見れば、デザイナーなんてそんなものだ。 だれかがアートディレクションやクリエイティブディレクションをすれば、 それでいいじゃないか。デザイナーは手先の器用さが命だ、という意見もあるかもしれませんが、   表面だけを作るデザイナーだからこそ、それが何のために存在しているのか、 これを作ることで誰を幸せにするのか、しないのか、ということに敏感であるべきと僕は思います。   出来上がるもののどこかにそれは必ず現れるはずです。     デザインをさせないことでデザインを教える。   そんなわけで、僕の当面の課題は、いかにデザインをさせないでデザインをさせるかということ…

ニュージーランドの大自然の恵みを生かしたワイナリー。マッドブリック。

  ひきつづきニュージーランドの話題。ニュージーランド政府観光局の企画で、旅人をあつめて、 ニュージーランドのいろいろな場所を旅してもらう、 その様子を納め、且つ、各人にSNSをつかって魅力を発信してもらうという試みに協力してきました。   上は今回選ばれたメンバー。 みんな個性がゆたかで、本当にユニークなチームでした。選んだ人はすごいなと思う。 おいらは最年長で参加。いやあ、若い人達に囲まれて旅をするのはフィリピン以来でしたけど、 今回は更に若い世代の人たちだったから、また違った発見がありましたね。   一週間の旅でしたけど、色々な話もできたし、いい経験です。 皆自分を持ってて、なんとなく生きているという人はだれもいなかったな。 やっぱり旅は、どこに行くかより、一緒に誰と行くかが大事ですね。       二日目はワイヘキ島という、大都市オークランドの人々が週末あそびにやってくる小さな島に行きました。 ここは様々な自然を使ったアクティビティと、ワイナリーが人気。   写真は、ジップトレック。簡単に言うと、ターザンごっこのものすごい危ないやつです。笑       どーーーーん。 こんな深い谷の上を、不自由に縛られた上に何も出来ず猛スピードで滑走していきます。 高いところが嫌いな僕ですが、あまりにも景色が美しいので楽しくて仕方なかったです。   実は今回の旅、二種類の選択肢があって ひとつはこのゆったりとワイン飲んだりイルカと弄れるプラン。 もう一つは、バンジージャンプやラフティング、 スカイダイビングを連日連夜やりまくるマストダイプランでした。   とうぜんビビリの僕は前者を選んだわけです。はい。 もちろん、事故なんて滅多におこらないし、 そのへんのコンビニに自転車で行くほうがよほど危ないとは知ってるんですけど なかなかね。。   でもジップトレック体験して、次はスカイダイビングもいいな、、と密かに思っているです。       移動してニュージーランドで有名なワイナリーの一つ。マッドブリックにやって参りました。 ここはワインの美味しさもさることながら、景色の美しさ、併設してるレストランのクオリティでも有名だそう。         ワイナリーの方にぶどう畑を案内してもらいました。 というか、この場所で飲むのが一番美味しいんじゃないかな。この人いい暮らししてるなあ。。         スパーリングにご満悦のわし。 甘みとかコクが強すぎるワインがちょっと苦手なんですけど ニュージーランドのものは赤でも白でもみんなあっさり飲みやすくて 食事によく合うのが素晴らしかったです。 やっぱりソーヴィニヨンブランが一番好き。 若草みたいな青い香りがくせになります。     そして今回の旅で大活躍だった撮影用ヘリコプターにご満悦のわし。 空撮がやりたいがために映像の世界に行ってみたいくらいです。今回の食事シーンも上から撮ったよ。   それにしても毎回思いますが、着てるものは一張羅だし帽子は汚いし、 撮影されるって意識に欠けてるよなおれ。。       こんな高いところまで。。 そしてもちろんこのヘリに、ジップトレックで、吊られている様子をバッチリ納められました。             マッドブリックからの素晴らしい眺めと食事。 ワインが好きで、ニュージーランド北島にきたら、是非一度訪れて欲しい場所です。 スペイン料理もそうですが、ニュージーランド料理の良さも、敷居の低さと気軽さにありますね。 この地に移り住んできたアジア系移民のお陰で、 さまざまな料理のフュージョンが盛んにすすめられていて、 きっと五年後来たら全く違うスタイルの料理になってることでしょう。     大きな地図で見る   Mudbrick…

現在ニュージーランドにきています。

            現在ニュージランドに来ています。 ニュージランド政府観光局のキャンペーンでSNSを使ったプロモーションをする旅人を募り、 ニュージランドの生の魅力を発信していこうという企画に協力しております。 http://www.newzealand.com/jp/campaign/playground/ 初日は、ドルフィン&ホエール…