アートグラフ株式会社 名刺

 東京にオフィス、福島にギャラリーを持つ音楽制作会社アートグラフの名刺を制作。こちらはティザーサイト。現在本サイト製作中。アートグラフ株式会社名刺Data…

映画「SPEC」のテーマ曲のバンド、THE RICECOOKERSのライブ行ってきたよ。

個人的に大好きなバンドなので皆に聞いて欲しいです。もともとTBSのドラマ『SPEC…

テラス付きの原宿のスペースでタダでコワーキングが出来る枠が募集されてるよ。

 僕もよく行くんですけど、これからの季節はこんな感じで本当に気持ちよく仕事できますよ。夏はバーベキューなんか最高。友達のくろくん@abdfghjkmn が運営してるコワーキングスペース原宿テラスの常駐メンバーを募集しているようです。原宿、しかもテラス付きというあり得ないロケーションで仕事ができてしかも利用料は無料なんていう一見詐欺なんじゃないかと心配になるような好条件。そのかわり管理人としてお掃除したりとか最低限の作業は発生するようですが、、、自宅で作業してる人なら普段やってることだと思うので原宿で仕事してみたい!ってひとはいかがでしょうか。サイトはこちら。http://harajukuterrace.com/

パッケージデザインなう

 今作っている商品パッケージのプロトタ…

あの人が売るから買う、というEC。

 そして、ノマドがそれぞれの店舗を持つと言うことについて。あまりの注文殺到で、サイトオープン後わずか30日でサイトを一旦閉鎖しているセブマート(http://yurikokai.com/cebumart/)のように輸入直送個人ECに注目が集まっています。住んでいる人からの直送という点や商品をお任せで購入するというスタイルが斬新ですよね。これなら、個人で仕事をしながら続けることができそうです。The…

蛭谷和紙(びるだんわし)のサンプルを受け取る。

 以前blogのデザインをさせていただいた…

初めて桜を見た人の反応は

  こんな感じ。シンガポールから来ているロビンの友人のエスタがこの季節に日本にきているのに、まだ桜を見ていないというので今度は桜が満開になっている代々木公園に連れて行きました。ロビンたちの時はまだ3分咲程度でしたが、3日経ったらもう満開。「ロビンはおしいことしたな~。」「夜桜もっときれいだから、皆で見ながら酒のみたかったなー」とか話しながら歩きました。外国から来た人に、日本人にとって桜が特別な花だと伝えたいのですがその具体的な説明を英語でするのが本当に難しい。せいぜい「桜の命は短くて、儚いから美しい」と伝える程度ですがそれって桜が散る様に、すでに去ってしまった時の流れを連想したり、一回限りの自分の人生の尊さに気付かされたりという日本人がもつ「もののあはれ」の感覚の象徴のような花だからなんですよね。白い花びらの幽玄さが、どこか…

ロビンと東京さんぽ。

 NFSやZANEEDS関連でシンガポールでお世話になってるロビンが仕事で日本に来てるというので急遽ご飯を一緒に食べました。ロビンは日本語が堪能で日本のコンテンツにも非常に詳しいのでフリーランスとしてシンガポールでアニメや日本ポップカルチャーのイベントの運営に関わっていたりします。何が食べたい?と聞いたら「生姜焼き!」と即答。ま、たしかに日本にしか無い料理だよね。その後原宿のEVANGELION…

本好きなら、馬事公苑周辺に住んだほうがいい。

 面白そうな本をamazonで買い漁ったり失敗した本をブックオフに出したり本の置き場所の為に家賃を二万円多く払う必要がなくなります。自宅から徒歩7分くらいの距離にTSUTAYA馬事公苑店があるんですがここは六本木とおなじように本コーナーとSTARBUCKSが併設されていてコーヒーを飲みながら買う前の本を読むことが出来ます。忙しくないときは毎朝ここに来て新刊とか、読んでいない面白い本がないかチェックしたりメールのやり取りなど簡単な仕事をしたりしています。ずっと家にいてだらだらしてるよりは朝ごはんにスタバで根菜ラップとフルーツジュースをとって馬事公苑で散歩するほうが健康にもいいですし。こんな生活なので、とりあえず本を買ってキープしておくという考えがなくなりました。毎朝必要な時にここに来て関連する書籍をチェックするという感じですね。もちろん仕事で使う資料とか、手元においておきたい大好きな雑誌、料理の本などは購入するようにしてます。本を買う前に内容を吟味できるのはこの周辺に住む大きなアドバンテージです。家に本のストックがどんどんたまってしんどいという人はこの付近にすむとかなり幸せになれるような気がします。TSUTAYA馬事公苑〒158-0098東京都…

限りなく外着に近い部屋着をさがして

毎日スーツ着て出勤する方々が神様に見えます。ノマドとはいえ、集中して作業したい時には自宅でMacBookAirをCinemaDisplayに接続して、しっかり作業しています。自宅ではとにかくリラックスがテーマで、だるだるの部屋着をきて生活しているのですが、そのまま外にでると、確実にやばいひとになるので、どうしても着替えをする必要があります。でも、僕は着替えるのが嫌でずっと家にいることもあるくらいの面倒くさがり。そこで、、外にも着ていける部屋着を集めよう!という結論に達しました。これで、コーディネートを悩む労力も減るし、パンツにはきかえた時の冷たい!っていう感覚に苦しむこともなくなります。(あれは辛いですよね。)外出、帰宅時にかかる着替えのための時間も短縮!(1分くらい)そんな便利な服をネットで探してみると、カナダのGYMmasterっていうブランドのスウェットクライミングパンツが良さ気なことに気が付きました。スウェット地なのにシルエットがタイトでかわいい。カラー展開もいい色を出していますね。グリーンや四色カラーも捨てがたいですが、まずは無難なブラックを注文してみました。 ポケット・リブの色使いがいい感じ。ちょっとゴツめの靴や、キレイめのジャケットやシャツと合わせるともやはこれを部屋着だと思う人はいないでしょう。着替えなくていいなんて、なんて楽!この手のアイテムはアウトドア系に多いのでもっと探してみて、やがて完全に部屋着で外を動き回れるようにしたいと思っています。誰にも気づかれないうちに、世界中を僕の部屋にする!!gymmaster…