maku_rip_2002_2008_img-tm.jpg

壮玄(読めねぃ)が一番好きだたマツキントシ情報サイト、
「マク (maku)」http://maku.ms/が8がつ26にち、ほぼ突然気味に終了エンド・ォブ・ライフすることになったーてす。
壮玄はねぇ、
初めて見たとき、マクのスタツフのみんなさんは、絶対頭おかしいと思ってーたてすよ。
しかしは?続けて読んでるうちに、その独特ユーモラスな文体の奥に、キラリと光る知性ィンテリジエンスと音楽とかカルチヤーの趣味センスの良さをかいま見てある意味尊敬リスペクトしていたでよ。
この二年間、ほとんど見ねぃ日はなかったといっていいくれぃ、バリバリに、マィフエィバリト気味なサイトだったーてす。
という訳で、読んだことない人にはいっさい意味の分からない記事でした。
このマクという情報サイト、変な文体と異常に迅速かつ正確な情報で大変評価が高いものでした。
O.K.Zさんによると

先人の弁を借りれば、スタイリッシュだけど若干アンフレンドリな点もある最近のAppleに代わって、彼らはMacへのラブとセンス・オブ・ヒューモアを備給してくれていた様に思えます。そして、「マク」は他のMac系サイトに比べて、読み手を楽しませようとする愛情が大量膨大に籠ったサイトでした。同時に、情報サイトとしての有用性もピカイチで、英語サイトの翻訳記事はMac系サイト界隈でもダントツで正確との評判を確立しており、また、キーノート演説の速報などでも日本最速を謳われるなど、情報の速さ・量共に日本一と言っても過言ではなかったのではないでしょうか。

それだけにそのクオリティをほとんど一人で維持していくのは半端ではない負担だったと思われます。
人に愛されるサイトを運営していくことの
大変さを改めて痛感させられる出来事でした。
六年間お疲れさまでした。
あひー!スゲぇさびしいでよ!
マクスタツフのみんなさん、サンクス・ァロツト!!