福祉活動家、教育者であります佐藤初女さんとお会いしました。
佐藤さんは森のイスキアという青森県岩木山の山麓にある
福祉施設の主催をされています。
P1080670.jpg
森のイスキアには、身体や心の悩みを持った人々が沢山訪れます。
そんなとき佐藤さんが振る舞うのが心のこもった素朴で美味しいご飯です。
高度な近代精神療法でも改善されなかった病んだ心が
初女さんのおにぎりで癒されていく話は度々メディアで取り上げられていましたが
どんな味がするのか気になって仕方がありませんでした。
今回、佐藤さんのおにぎりがどんなふうに作られているのかを知ることができる
チャンスに幸運にも恵まれて、川越まで行ってきたんですが、
おにぎり一つ作るのにここまで細やかにやるものなのか、
と確かに関心。それ以上におにぎりやお味噌汁などの日本人のソウルフードは
作り手がどんな精神状態でこしらえているのかが重要なことに気が付かされました。
P1080662.jpg
P1080680.jpg
これまた食べたいなあ。。