P1020877.jpg
P1020904.jpg
現在、色々なプロジェクトの関係で香港、バンコク、シンガポールと三カ国を短期間で
回っています。バタバタしてブログ書けなかったんですけど、現在シンガポールで少し落ち着いたので記録のためにエントリーを残しています。
日本から海外に行って帰ってくるだけでも(特に仕事で)大分自分の考え方や
視点にちょっとした変化が起こるのですが、
海外から海外に行くとなおさらですね。
今回まわる国はいずれも日本と深い関わりのある国ばかりですので
彼らが日本人や日本の事をどのように考えているかも肌で感じることができました。
最初の香港はジャパンコンテンツ系イベントに出展のために行きました。
思い描いていたビジネスライクな雰囲気と違い、活気と温かみがあって、
日本人なら馴染みやすい国のように思いました。
街を歩いていても日本、台湾、韓国、イギリスなど様々な国の影響を
そこかしこに見ることができます。
該当広告では芸能人の顔が巨大に使われるものが主流だったり
みんなゴシップネタが大好きだったりして、
香港の人は結構ミーハーなところがありますね。
このへんののめり込み方が文化に対して
ちょっと一歩引いているシンガポールと違って
子供っぽくて好きです。
街行く人達もみな洗練されていて、都会人らしい清潔感も気品もあったし、
その一方で中国人のものすごいアグレッシブさも備えています。(声がやたらでかいとか)
先達市場という最新の携帯電話やデジタルガジェットが売っているマーケットも
とても賑わっています。
中には一つ何十万円もする高級ブランドの携帯(ポルシェなど)もあって
それでも買う人がいるというところに、この国の活気がかいま見えます。
あとそれよりなにより、ご飯が美味しかった。
中華料理は、台湾、香港、本土、とどこが一番美味しいのか。なんて話によくなりますけど、台湾と並んでレベルが高いですね。。。。