どこにでも住めるノマドならば、
今流行の英語留学をしながらいつもどおりの生活が可能なのではないか。
そんなことを確かめにフィリピンに来ております。
現在実験三週間目ですが、
少々慣れとペース配分が必要なものの、
どうやら可能であることが分かって来ました。
決め手となるのは
  • ネット環境
  • 授業の時間
  • 学校のシステム
の3つ。
これさえちゃんと用意できれば、
時間と空間に制約の少ない業種の方には
特におすすめ。
ちなみに今流行のフィリピン英語留学というのは、
フィリピンで最近賑わっている語学短期留学の学校で、
一ヶ月から半年程度まで現地のフィリピン人講師に英語を教えてもらい
滞在中の生活もその学校でできるというサービスです。
数年前までもっぱら韓国人がメインのターゲットでしたが、
最近では日本人向けの学校も増えてきています。
物価が安くて
英語話者が世界で三番目に多いフィリピンならではのサービスです。
それでは3つのポイントについて。
ネット環境


これがないとそもそもノマドは日本ですら生活できません。
空気や水と同じくらい重要なネット。
英語留学先のネット環境をかなり念入りに調べておいたほうがいいと思います。
僕の場合、フィリピンのしかも山奥という不安なロケーションではありましたが、
常時2Mbps程度の接続速度がでる無線LANが繋がります。
少々重い10~20M程度のデータもアップロードができるので、
web系のデザインをされている方、フリーのプログラマーさんなら
問題なく生活できるんじゃないかと思います。
山奥でこれですから、マニラなどの都会ではもはやほとんど心配は要らないでしょう。
クライアントさんと話をする場合には、
Skypeから日本の固定電話や携帯電話と通話できるサービス
SkypeOutや、
iPhoneアプリの050Plusなどを使えば
それほど日本の電話にかけるのと変わらない料金で通話が可能です。