以前blogのデザインをさせていただいた
家具デザイナーの伊藤陽子さんの名刺の素材をどうするか
考えていて、白羽の矢が立った富山の伝統的な越中和紙の一種
「蛭谷和紙」のサンプルを、
400年続いた伝統工芸の担い手である川原さんから受け取りました。
サンプル発注から、実に半年以上。
なんでって、この和紙、決まった時期にしか作れないのです。
材料のひとつトロロアオイの粘度を抑えるために
冬の厳しい寒さのなかで紙を漉きます。
川原さんは普段は山奥で和紙の原料となる植物を育てて
秋に収穫、冬に紙をすいて、春にこうして売りに来ます。
普段は山に一人暮らしなんです。
和紙は決して大量生産できない
日本の里山の自然と、そこに暮らす人の生活のリズムが生み出した
文化の結晶であることがよくわかりました。
川原さんは農業もしています。
昔は半農半工があたりまえ。
農が支えになれば、
内容がうすいけど、多くのものをつくり、
薄利多売していく方式から、
じっくりと納得行くまで良い製品をつくれる、
古来の日本型のものづくりになりそうです。
じゃあ、デザイナーは?
さて、この蛭谷和紙、普通の印刷技術ではなかなかきれいに仕上がりません。
活版印刷ならできる、と川原さん。
「古い素材には、古い技術を使えばいいんですよ。」
活版も最近かなり流行っていますよね。
古い技術と素材でしかできない味を持ちつつ、
今のデザインとうまく融合させていきたいと
思っています。
自分の名刺も次は蛭谷和紙かな。
ちなみにサンプルが欲しい方、
少し持っていますからお見せ出来ます!
だれともかぶらない名刺、どうでしょうか。
紙の繊維が、なんとも懐かしく、あたたかい風合いですよ。