二回買って二回返品しました。笑

 

カメラの性能がよいということで、一眼レフを持ち歩けないときのために

・人工的に作り出したボケをいかしたポートレート

・スタビライザーを装着し、動画撮影

のために購入しようと思ったのですが、

その後すぐにOSMO Pocketが発売し、動画撮影で持っている意味はなくなりました。

 

残る購入理由はボケが活かした写真なのですが、、、

 

 

こちらがiPhoneXSで撮ったもの。なにか輪郭に違和感があります。

ソフトウェア上で、輪郭を判断して異なるレンズの画像を組み合わせるので

どこかに無理が出てしまうということなんでしょう。

 

 

シチュエーションは違いますけど、こちらがSONYのα7iiで撮影した写真

 

 

葉っぱも手前は距離が近すぎなのでボケて、真ん中あたりに焦点がきており

また、その向こう側の風景は綺麗にボケています。

 

iPhoneのポートレート機能のボケかたの問題点についてはこちらが参考になります。

iPhone XSの「高品位なボケ」にツッコミ所はあるか

https://japanese.engadget.com/2018/09/18/iphone-xs-bokeh/

 

 

なによりこの色の表現の豊かさ、全然違いますよね。

もうこれを体験してしまうと、XSには戻れない。

一眼なんとかもちあるいて、wifi転送してすぐにインスタにアップすればいいやと思った次第です。

動画はOSOMOpocketがあるので、重さを全く感じずいつでも手ブレのない4k動画が撮れるし。