OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

デザイナーと、大学講師のお仕事が忙しかった今年前半から一転、

最近は農が多めの生活をしてます。

 

参照;ノマドが農業をはじめてわかった7つのこと

 

素人農家でも畑の土の生命力がすごいので、野菜が一々でかいです。

 

おばけズッキーニがどんどんでてきて食べきれない!

実はお店に出荷していないだけで、ズッキーニってこんなものだそうです。

 

Facebookで友達に食べ方を聞いたら、天ぷらが美味しいという回答が多数。

これは試してみる価値ありだな、とやってみました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

やってみたらうまし!

ズッキーニは天ぷらにすると本来の臭みが抜けて、甘みが引き立ち

まるで別の食材になります。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

作りすぎてこまったので揚げびたしにしました。うん。これはこれで美味しいです。

 

P8020019

 

そのあとは畑のバジルでつくったジェノベーゼパスタの具にしたり。

 

P8020025

 

 

これまた畑のガーキンで作ったピクルスをタルタルソースにして、洋風天ぷらそばにしたりしました。

 

 

 

どうして自給自足の生活は幸せなのか。

 

 

こういった生活してると、わかりやすく幸せ感じます。

 

お金を払う場面が生活からなくなればなくなるほど、幸せが増している事に気が付きます。

 

それはきっと、お金があまりにも便利で素晴らしいものなので

なんでも幸せが手に入ってしまうことによる反動なんじゃないかと。

 

お金が便利だから、プロセスを省けてしまうことへの寂しさを

普段感じでいるせいなんじゃないかと最近思っています。

 

自分で食材を育てて料理して食べると確かに手間はかかるし不便です。

でも、不便には不快な不便と、心地良い不便があるように思います。

 

お金の便利さは享受しつつ、全体の幸福度もキープする。

そんな生き方を研究していきたいです。