b3cb53fb43f5a2cc503726d243a16658

 

tech-tokyoというメディアに、現役東工大生のwebデザイナーさんのインタビューが載っていまして、

そこで彼女が、市角壮玄のことについて言及してくださっています。

 

働き方、生き方について悩んでいる人の役に少しでも立てたらと思い、紹介したいとおもいます。

http://tech-tokyo.com/?p=7842

 

 

東工大生からWEBデザイナーになることの現実。

 

実は僕、この人が以前進路に悩んでいるときに、

お話したことがあるんですよね。

その時の様子を語ってくださっています。

 

この方、小玉千陽さんは、現役東工大生でありながら、

WEBデザイナーになりたいという強い気持ちを持っていました。

 

東工大といえば、理系トップクラス。

エンジニアとかバイオ関係のお仕事に就くことがほとんど。

デザイナーという道を選ぶ人なんて極めて珍しいわけですね。

ある意味それまで築いて来たキャリアをダメにしかねない、

リスキーな選択です。

 

ですから彼女は自分の置かれている環境と自分の気持との間で揺れていたそうです。

 

おそらく周りにも反対する人がいたと思います。

彼女の将来を 思えば、当然だと思います。

 

そんな時に、小玉さんは雑誌で僕がインタビューされている記事を見つけます。

その時の記事は、僕がデザイナーにどうやってなったのか、その遍歴についてでした。

 

普通の大学を出て就職せずそのままデザイナーやってる。(しかもまだ生きている笑)

変な人間がいるということで、興味を持ってくださり、こんなメールを送ってくださいました。

 

 

 

0bb9db5e456f16b5ca0f6615377e4b13-e1383120889525

 

 

このメールがきっかけで実際にお話を聞いてみたのですが、

不思議と回答には悩みませんでした。

 

僕にしてみれば、ずっとデザインのことだけを考えてそのままストレートにデザイナーになるよりも

東工大にいたことを生かしたデザイナーになったほうが、様々なスキルを複合的にあわせて、

ずっとユニークなものづくりができるようになると、思えたんですね。

「どっち付かずになるより、極端な道を行ったほうが、楽しいよ。」

 

と、そう伝えました。すなわち、デザイナーになりなよ、と。

 

 

僕が今の仕事をやめなかったのは、佐藤卓さんの言葉があったから。

 

人の人生を左右する大事な局面で、

こんな思い切ったこと事を言えたのにはわけがあります。

 

僕がまだ駆け出しの頃、あの「NHK デザインあ」を手がけた、

偉大なグラフィックデザイナーである

佐藤卓さんにお会いして一緒にプロジェクトを進める機会がありました。

 

その時彼の事務所で、

「君はどこの美大出身なの?」といったことを聞かれたんです。

 

僕は当時、しっかりしたデザイン教育を受けていないことに引け目があって

コンプレックスがあったんですね。

 

僕は恐る恐る、、

「普通の大学で哲学や思想を勉強しています。」

と答えました。

 

すると、佐藤さんが急に目を輝かせて、

 

「それはいいね!、哲学か〜。美大や芸大にいってデザイナーになるよりも、きっと面白いよ!」

と言ってくださいました。そして、デザインは本質的に問題を捉えて考える哲学のようなものだと

彼の考えについて話してくれました。

 

その一言に救われて、今もこんな仕事を続けているわけです。

佐藤さんにはお見せできるようなものづくりはまだまだできてはいませんが。

そうできるよう、切磋琢磨していきたいと思っています。

 

 

小玉さんの話を聞いているときに、とっさに出てきた言葉は、

佐藤さんの言っていた言葉と同じでした。

 

そう。ある意味受け売りですね。(笑)

彼が肯定してくれた生きる選択の自由さを、

誰かにも伝えたかったのかもしれないです。

 

でも、僕が何もしなくても、

もともと小玉さんの道は決まっていた気がします。

締めくくりにもありますが、

今度は彼女がだれかの相談に乗る番ですね。

まずは俺が相談しに行こうかな。笑

 

tech-tokyoの記事はこちら。

http://tech-tokyo.com/?p=7842

 

小玉さんのWEBサイトはこちら。

おそらく彼女がもともと好きなんだと思う可愛らしい手描きの文字の温かみに

しっかりとした理系の美しいレイアウトが組合わさっていて非常に完成度が高いですね。

あとすべての作品に清涼感も感じます。清々しい彼女の人柄が出てるんだと思います。

http://chocolu.net/