新マルビル エコッツェリアウインドウ

 新丸ビルの地下通路にある大画面のコンテンツのキャラデザインしました。
天気と連動してなかの風景やキャラクターが変化します。

—Credit—
Client:有限責任中間法人 大丸有環境共生型まちづくり推進協会
Production:[Earth Literacy Program / (株)プロジェクト・タオス]、(株)クスール、(株)ピクルス、(有)ツムジテクノロジー、ホクサイグラフィックス
Planning + Produce:アラカワケンスケ(ELP)
Produce:松村槙(クスール)
Project management:大月美治(ピクルス)
Creative direction + Art direction + Design:タナカミノル(ピクルス)
Character design + Design:市角壮玄(ホクサイグラフィックス)
Technical direction + Flash : 原央樹 (ツムジテクノロジー)
Flash : 高橋晋一朗(ピクルス)

スノーメール

ケータイから投稿された写真を、大画面ディスプレイに、雪のように舞い降らせる、インタラクティブアトラクション。2005年度の文化庁メディア芸術祭において、審査委員会推薦作品に選ばれました。

Data : 2005.12 31

Client :  大手町・丸の内・有楽町地区再開発計画推進協議会

Creative Direction& Backend System : アラカワケンスケ(elp

Art Direction & Graphic Design & Story : 市角壮玄(hoxaigraphics

さくらスケープ


さくらスケープ
http://www.sakurascape.jp/

「さくらスケープ」は、ケータイから投稿される日本各地の花見経験をジグソーパズルのようにつなぎ合わせて、日本列島のサクラ前線の北上を可視化する試みです。伝統的な言語芸術・俳句と、(花見の場で写真やメッセージを送れる)「現場性」のメディアとしてのケータイの結合。投稿者の郵便番号から位置情報を取得し、日本列島上にリアルタイムに表示してゆくことで、インターネット時代ならではの“地球大のお花見”が実現しました。

2005年度 グッドデザイン賞受賞作品
Data : 2005.04 -
Client : 株式会社プロジェクト・タオス 
Creative Direction&Web Design : アラカワケンスケ(elp)
Graphic Design : 市角壮玄(hoxaigraphics)