パリ2区のレストランを貸し切り、VEGESUSHIのパーティを行いました。

 「いつもお上品に構えているパリの人がこんなにがっついているところを初めてみたよ。」

 

こんにちはhoxai kitchenのフードデザイナーGenこと

旅するアートディレクター、市角壮玄です。

今年も暖かくなってまいりましたので、VEGESUSHIのパーティをパリの2区にある、La maison du sakeというレストランで行いました。

さすがにパリで四回目ともなるとFacebookのイベントページがシェアされていき、興味ありが361人、参加希望が70人という状態に。

しかし、お店のキャパも、我々の作業能力も限られているので、内心ビクビクしながら当日を迎えました。。

そもそも、パリの人のことだし、「参加する!」とかいって当日になったら「やっぱりやめたー」という人も多そうですよね。笑

 

 

 

 

会場となるLa maison du sake。 ここは今、

ミシュラン一つ星つきのシェフが腕をふるっているすごい場所でして、

そんな厨房を借りて料理をするという、

料理好きとしては夢のような経験をさせていただきました。

 

 

 

 

そして迎えた当日。しまった。。パリの人は来るといったら本当にくるみたいです。笑

特に食のイベントなら高確率で来るんだって!

スタッフが数えられただけでも100人少し来場していたようです。

当日のことは忙しすぎてあまり覚えていません。100人に対して、寿司を作ってるの二人ですからね!(ひとりはお酒出す人)笑

長いことお住いの日本人の男性の方が、

「パリの人がこんなにがっついているのを初めてみたよ。きっと生の魚だと警戒してしまうけど野菜だから安心なのだうろね。」

と話していました。

 

 

 

今度だすレシピ本のメニューをテーマに春夏秋冬それぞれのVEGESUSHIをお出ししました。

こうやってお花とか飾っても一瞬で無くなっちゃうんですけどね。こだわりたい。。

 

 

 

 

 

来てくれた人の反応もとても良く、フランスだけでなくて、イタリアなどの他のヨーロッパから来てる人、

南米の人など多種多様な人たちから美味しいといってもらえ、それぞれのSNSで好意的なことを書いてもらえたのが

今回何よりうれしかったこと。

人の波が落ち着いてきたあと居残ってくれた人たちとワイン飲みながら話をしたのも楽しかった。

 

カメラを回してくれたコスタリカ人のFransisco、いつも手伝ってくれる坂田くん、マイヤちゃんなど

多くの人々の力を借りてぎりぎり現場を回しておりました。。次はもっと人手を増やさないとなーー。。

スポンサーとなってくれた東洋ライス株式会社さん実施のアンケート結果も良かったみたいですし、

一安心です。

さて、次はどの街でVEGESUSHIをやりましょうか!

とりあえず僕はこれからバスクに向かいます。

 

 

 

いま発売中のVeggy51号でVEGESUSHIとhoxai kitchenのレシピ本が紹介されています。

 

長らくブログをお休みしていました。その間いろんなことがありました。。

さて、日本農業新聞に引き続き、hoxai kitchenとしてはじめて雑誌掲載のお知らせ。

日本初のベジタリアン向けの雑誌としてよく知られている

VeggyさんにてVEGESUSHIが特集されております。

更に書籍の発行に合わせて、51号はまるまるベジズシ(野菜を使ったお寿司)の特集をして

盛り上げていただきました。感謝。

僕達の記事は60Pに掲載されています。

 

紙面のデザインはこだわりで市角がさせて頂きました。

自分が掲載されるメディアのデザインを自分でやるなんて

初めてです。笑

 

全国の書店で発売されていますので気になる方は手にとってみてね〜!

 

ベジイ

http://veggy.jp

vegesushiの名刺を作りました

 

vegesushiの名刺を作りました。自分の名刺ってどうしても後回しになってしまうのですが

これから人に合う機会も多いので超特急でデザイン。

 

 

メンバーごとに裏面のベジズシの写真を変えてます。

これはvegesushiの企画がメンバー揃って行うものなので、名刺交換で一片にバリエーション違いを見せられ

カタログ効果も狙っています。

 

地方創生カレッジ、「魅力ある観光地域デザイン」の講義を担当します。

 

内閣府提供、地方創生カレッジの講義を製作、担当することになりました。

タイトルは、

「魅力ある観光地域デザイン〜デザインの視点から問題を解決する」です。

 

BBT大学の須子先生とコンビを組み、

まちづくりと観光についてデザインの視点から切り込むというユニークな講義になってます。

一緒に伊勢志摩関係のお仕事をさせてもらっている岡田さんや、

小笠原村観光局で様々な試みをしてきた望月さん、

京都のプロジェクトマッピングを手がける大島さんなどなど、

クリエイティブなまちづくりをしているゲストの話が盛り沢山。

講義は無料で視聴できます!

番組として見ても面白い内容だと思います。申込みは10日まで〜

http://chihousousei-college.jp.aircamp.us/chihousousei/

新年最初のベルリン・デザイン仕事はブラジルからのお客様。

去年のTENPENCHIIフライヤーに引き続き、

ベルリンでのデザイン仕事やりました。

1991年からブラジルを拠点に活動するコンテンポラリーダンス集団

TAANTEATROのMauraがベルリンで行うパフォーマンス公演

DEUTSCHLAND PREMIERE TRANSのポスターを制作しました。

モノクロームの写真のそこはかとなくただよう可愛らしさを引き出すため

ピンクですこしおちゃめな書体を使い、真面目だけど愛らしい世界観を作ってみました。

パリでは、la maison du sake (http://www.lamaisondusake.com)

でhoxaikitchen(http://vegesushi.eu)メンバーのケイちゃんが

メインシェフとして頑張っているので

僕も負けずにヨーロッパ仕事色々やってきたいです。

おかげさまで先方には気に入ってもらっております。良かったー。

DEUTSCHLAND PREMIERE TRANS

Data : 2017.1

Client :TAANTEATRO
Art direction/Design : 市角壮玄(hoxaigraphics)

教師の日(Japan Teachers’ Week2016 )WEBサイトデザインしました。

c

教師の日 JapanTeacher’s Weekのウェブサイトをデザイン。製作しました。

日本中に母の日、父の日はありますが、世界中に、教師の日と言うものがあるのはご存知でしょうか?

日本でも先生の働く環境の問題が話題に上がりますが、先生に感謝の気持ちを表す日を!

ということで、識者の方々が発起人となり、教師の日普及に務める本プロジェクト。

よくよく考えれば、僕もBBT大学の専任講師ですので、無関係ではないですね。笑

良くも悪くも、皆さん、出会ってきた先生の影響を受けていると思います。

先生たちに正直な気持ちを伝えてみる。思いを馳せてみる。そんなきっかけになれたらうれしいです。

Japan Teacheres’ Week

http://japan-teachers-week.jp

 

リクルートマーケティングパートナーズ様オフィスでVEGESUSHIの提供しました。

 

 

ヨーロッパばかりの活動ではありません。

東京は京橋にあるリークルートマーケティングパートナー様オフィスで、

オンラインラーニングプラットフォーム”Quipper”のパーティがありましたのでVegesushiを提供してまいりました。

http://www.recruit.jp/service/education/quipperschool.html

 

 

 

今回はご覧の通り、Vegesushi秋バージョン。

キノコや栗、さつまいもに、ナッツやレンコンチップスをふんだんに使い

男性が多い開発チームのみなさんも楽しんでいただけるVEGESUSHIにしあげました。

Vegeshushiに加えて、豆乳ベースのさつまいもスープも提供。

今回のパリのイベントでもこの秋VEGESUSHIをだしていこうと思っています。

 

vegesushi webサイト

http://vegesushi.eu/jp

 

 

 


 

 

 

 

ベルリンのダンスカンパニーTEN PEN CHiiの公演でVEGESUSHIを提供しました。

伝統文化の街パリに続き、最先端のアートとテクノロジーの街、ベルリンでVEGESUSHIを提供してきました。

 

 

 

 

今回VEGESUSHIを提供したのはベルリンを拠点に活動するTen Pen Chiiというダンスカンパニーの公演 ASOBI です。

Ten Pen Chiiを率いるのはヨーロッパに舞踏を紹介した最初の一人と言われる吉岡由美子さん。

ベルリンを拠点に20年活動してらっしゃいます。

http://jp.blouinartinfo.com/news/story/874364/chuan-shuo-nowu-ta-jia-ji-gang-you-mei-zi-taidebody-resonance

https://ten-pen-chii.org

 

 

彼女の公演 ASOBI の最終日のアフターパーティでVEGESUSHIを提供させていただきました。

 

 

 

30人以上の方がお越しになり、和気藹々と楽しんでくれました。この風景、演劇が盛んだった大学出身の僕にとってはとても懐かしい

馴染みのある光景です。

 

 

 

今回はフードデザインだけではなく、次回ベルリンで行われる吉岡由美子さんの身体ワークショップのフライヤーも製作。

今後もベルリンのアート関係のデザインをやっていきたいと思っています。

 

 

VEGESUSHIが日本農業新聞で特集されました。

 

コンセプトメイキング、フードデザインを担当しております

VEGESUSHI(vegesushi.eu/jp)が日本農業新聞に取り上げられました。

(以前のデジハリのイベントに取材でいらしてたのはこちらの新聞社でした)

まさかのカラー、まさかの特大記事。もっと小さいと思ってた。。笑

菜食兼美 食いねえ のコピーにプロのライターの力を感じますね。

 

 

 

hoxaiキッチンスタジオも端っこに映ってます。寿司を作ってるのはVEGESUSHIシェフのケイくん。

大きく取り上げていただき感謝です。日本の農業に携わる人たちにどう見えるのか、気になるところです。笑

今後も活動頑張ってきます。とりあえず今年の秋は二回ヨーロッパでケータリングが控えてます。

日本でもイベントごとでのケータリングがあれば駆けつけますのでご相談ください。食いねえ!!

 

ドラマの初監督しました。(BBT大学デザインシンキングの講義で)

 

大学の授業を連続ドラマにしてしまおう!ということで自分で撮影、編集、監督、脚本。

映像制作のスキルと、講師のスキルを組み合わせる試みを始めました。

 

 

 


 

 

 

sc-2016-09-02-16.23.20

 

 

 

ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学・学長:大前研一)にて、

デザインシンキング(デザイン思考)の講義を担当することになりました。

もともとデザイナーとして10数年間やってきたことや、

その他の様々な取り組みから得た経験をベースに株式会社amana様などで

社員研修プログラムの講師をしておりました。

http://hoxai.com/archives/2644

 

今回はオンラインの現場でワークショップが主体のデザインシンキングをどう

プログラムに落とし込んでいくかというちょっと難しい試みに挑戦しております。

そのため、臨場感をもって授業を受けてもらうためにドラマ形式の講義を製作。

連続ドラマ形式で、ある企業がデザインシンキングを導入して成長していく様子を描きました。

hoxaigraphicsとしてドラマ、初監督作品になります。

 

 

はじめてカメラを回したり脚本考えたり出演者にオファーしたりしましたが

デザインワークと違った共同作業の素晴らしさに感動しました。

出演、製作の皆様本当にありがとうございました。

 

生活者の視点にたち、一見泥臭いように見えるフィールドワークや

試作と検証を繰り返す中見えてくる気づき、

バカバカしく思えるアイデアを創造性豊かなソリューションに昇華するには

といったテーマをビジネスの学校で取り組むことは今とても意味があることです。

結果学生の満足度が97%と非常に高い授業となりました!

今後も改良を重ねより良い講義にしていきたいです。

 

 

BBT大学サイト

http://bbt.ac/

BBT大学 デザインシンキング(シラバス)

https://docs.google.com/document/d/1GZqi2FMRzE8MZb72510OaYi21igPSzAtu-0rl4vi_sI/edit