芦生もりびと協会のwebサイト、ロゴをデザインしました。

 

京都にある芦生の研究林を管理する(一般社団法人)芦生もりびと協会さんのロゴとWebをデザイン、製作しました。

敷居の高い研究林の管理団体のウェブサイト。

ですが実際は地域に住む人と森を優しく繋げる存在であるのが望ましい。

そこで親しみがいのあるデザインと、芦生に住む代表的な動物、熊をモチーフにロゴを作りました。

熊は地域に親しんでもらう意味合いで親子にしています。

 

 

 

芦生もりびと協会
https://ashiu-moribito.jp

Data : 2017.12
Client : 芦生もりびと協会
Web Design Logo Design : 市角壮玄(hoxaigraphics)
System :Keita Nakagawa

 

リクルートの”アントレnetMagazine”に市角のインタビューが公開されています。

 

リクルートの「雇われない生き方」を応援するニュース、コラムサイト

アントレnet Magazineさんに、インタビューされました。こちらに記事が掲載されております。
”グズでノロマ“を才能に転換? 市角壮玄さんが語る、コンプレックスの活かし方

https://entrenet.jp/magazine/11129/

 

コンプレックスと才能をキーワードに語らせていただいております。

偉そうなことを言えるような実績は何も残しておりませんが

それでもなんとか楽しく生きていられるのは、コンプレックスだと思っていた部分が

役に立つことに気がついたこと。そしてそれを多くの人に受け入れてもらい、

支えてもらえたから、だと思います。

 

できることよりも出来ないことが多い、

自分が世の中の役に立つ気がしない

この先自分を受け入れてくれる場所が見つかる気がしない。

 

かつての僕のように

そんな不安を抱えている10代、20代の人に読んでもらえたら嬉しい。

 

それともう一つ、マルチキャリア、マルチスキルの重要さが叫ばれる今だからこそ

世の中にウケそうなことじゃなくて、

本当に好きな事を始めてほしいなというメッセージも込めております。

 

神田のお料理教室でお坊さんとVEGESUSHIでお料理講座をしました。

 

こんな日が来るなんて。神田にあり47年の歴史がある老舗のてづくり学校、ヴォーグ学園のお料理教室にて、

VEGESUSHIのお料理教室をしてきました。

はい。僕は料理人ではありません。笑 デザイナーです。

 

 

VEGESUSHIが生まれるきっかけになったデザイン思考とBBT大学について

神田のお料理学校でお料理好きな女性たちに話すという、画 笑

 

 

 

更にこの日は、デザインをずっとさせていただいていた彼岸寺でお世話になった青江覚峰さんとのコラボ。

青江さんは料理僧として有名で、漫画でドラマにもなった”サチのお寺ごはん”の監修をされているマルチなお坊さん。

MBAホルダー坊主の一人です。

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものワークショップと違って今日はお料理教室。時間がタイトなのにとにかくみなさん手際が良い!

そして質問が具体的で改めてVEGESUSHIのユニークさを認識するきっかけになりました。

皆さん楽しんでいただけたようでホッと一安心。

これからもデザイナーの料理の世界での冒険は続きます!

 

 

ヴォーグ料理教室 HAPPY COOKING

http://www.happycooking.jp

 

ELLE gourmet最新号でhoxaikitchenとVEGESUSHIが取り上げられています。

 

 

 

 

大好きな雑誌ELLE a tableことELLE gourmet!にhoxaikitchenとVEGESUSHIが取り上げられています。

料理の世界のプレイヤーを紹介するコーナーなようでして、人にクローズアップされています。

この雑誌を読んでいる人には馴染みがないはずのデザイナー目線のお話をしました。

デザイナーは、デザインの切り口から食べ物をどう捉えるのか?

もし書店で見かけたら読んでみてくださいね!

 

最新号の情報はこちら

 

Amazon和食本ランキングにて一位になりました。

S__40198155-2

 

地味にコツコツやってきた甲斐がありました。

発売から3ヶ月すぎた現在、拙著VEGESUSHIがamazon和食本ランキングで一位になりました。

ひとえに支えてくださる方、応援してくださる方々のおかげだと思い心から感謝しております。

今後も長期に渡って人々に指示されるような定番本になるように地道な活動を続けていくつもりです。

 

 

VEGESUSHI(ベジ寿司) パリが恋した、野菜を使ったケーキのようなお寿司 (veggy Books)
hoxai kitchen
キラジェンヌ株式会社 (2017-04-28)
売り上げランキング: 3,599

書籍:VEGESUSHIのデザイン、撮影、スタイリング、装丁、メニュー作りを行いました。

 

 

今更ですが、一応報告。

Amazon和食レシピランキング最高2位、発売後3ヶ月たった7/27現在三位の

書籍VEGESUSHIのデザイン、原稿執筆、写真撮影、メニュー開発、テーブルコーディネートを行いました。

製作中は本づくりの大変さと楽しさを体験できて幸せな時間でした。

ノウハウを理解したので素敵な本を作りたいという方、ご相談ください。

撮影から企画コンサル、デザイン製作、入稿まですべて行います。

私の書籍デザインでAmazonで2位にまでは行けるはずです。笑

コンテンツが良ければもっと良い結果になると思います。

 


 

 

表参道ヒルズの占いフェスで、たんぽぽ白鳥さんを占いました。

 

 

 

 

ちゃんと占いの仕事もしております。

先日表参道ヒルズで行われた占いフェス

http://uranaifes.com

 

の特設ステージにて、芸人のたんぽぽの白鳥久美子さんを占わせていただきました。

気になる彼氏さんとの結婚があるかどうかについて四人の占い師でインタラクティブ占い。

毎回不思議ですけどどんな占いで同時に占っても結果が似てくるものです。

記事にもなってました。詳しい結果は以下をどうぞ。

 

 

【占いフェスレポート】たんぽぽ白鳥は結婚できる!? イケメン占い師たちによるモテ女レッスン

http://uranaitv.jp/content/166539

 

矢口真里の自宅を風水で占い!たんぽぽ白鳥久美子の恋を、メンズ占い師ユニットがバッサリ「占いフェス 2017 SUMMER」

http://music-book.jp/video/news/news/148165

いやあの、イケメンのところは自分たちが1番違和感感じてるのでツッコミは不要です。心よりお詫び申し上げます。

 

 

あと、以前芸能人の方ではロンブー淳さんを占っていますね。

結婚直前でした。

 

ロンドンブーツ淳さんをうらないました。

http://hoxai.com/archives/60

 

映像でわかる「WEBサイトの発注でしてはいけないこと4つ 」

 

 

 

 

 

 

もう長いことWEBサイト制作のお仕事をさせていただいておりまして、

今までかなりの案件を受注してきました。

その中でもし自分が発注側の立場になった時に、

こういう頼み方をすると損をしてしまうなあ、と思うことが多々あります。

 

そこで、サイトを発注する時にしてはいけないこと4つを映像化してみました。

 

 

 

実際こういう頼み方をしている会社でなくなっちゃった所や

予算を大幅削減されてしまったところ等、多くあります。

 

製作者が社内の文化まで変えられたらいいのですが、現実はなかなか難しい。

ということでサイトを作りたい経営者の方、社内のウェブ担当者の皆さま、参考にしてみてくださいませ。

(正しい製作発注セミナーと、レクチャードラマの制作も承ります。笑)

 

 

ちなみにこの動画はわたしがBBT大学で担当しておりますWEBサイトデザインの一部です。

言語ではつたわらないことを、映像で伝えるために勝手に役者を集めてドラマ講義を作らせていただいてます。笑

求められてないのに面白いことをやる、仕事の醍醐味ですね。笑

 

 

入学しなくてもこの講義だけ、受講できるみたいです。

BBT大学経営学部 単科生制度

http://bbt.ac/admission/prep/

 

大学で行われたハッカソンの動画を撮影、製作しました。

 

ワタクシ自身が講師をしています、BBT大学(学長:大前研一)で行われたハッカソンイベント、

リーンスタートアップハッカソンの動画の撮影と製作をしました。

高校生からマダムまで老若男女が集ってアイデアを形にしていく楽しいハッカソンの様子が

少しでも伝わるとうれしいです。

 

こんな感じでイベント動画撮影してほしい!というかた、ご依頼おまちしてます〜

 

ちなみにこのイベント、次回は8/27です。

http://bbt.ac/news/news/008789.html

 

 

日本交通公社のイベントで”観光とデザイン”をテーマにお話しました。

 

6月28日に、公益財団法人 日本交通公社様の旅の図書館にて、

“観光地づくりに必要なデザインの視点”というテーマで登壇し、

シンクタンクやメディア、旅行代理店など、観光の分野の第一線で活躍する

40人ほどの方々が来てくださいました。

 

一デザイナーとしての実体験をもとに、観光分野のでザインについて感じていることや、

観光地とデザイナーがどうしたら良い関係を築けるのかなど、

包み隠さず正直に色んな角度からお話させていただきました。

 

一介のデザイナーにすぎない私の拙い話を、皆さん真剣に聞いてくださいました。

心から感謝しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クリエイティブな発想の実例としまして、食べて理解していただけるアイデアをご提供しました。

はい。VEGESUSHIでございます。笑

 

 

 

 

 

 

食べ物がはいると会場の空気もかわり、その後のトークタイムでもいろいろな方に

質問をいただけて、僕自身今後観光の分野で良いデザインをしていくためのヒントをたくさんもらえたと思います。

 

人前でお話をするということは責任が伴いますが、登壇者だからこそ学ばせていただける事がたくさんありますね。

(毎回毎回、すごい緊張しますけど!)

ということで、デザインに関するお話や、クリエイティブなアイデアを生み出すワークショップ、

それにベジズシのケータリングもお問い合わせお待ちしております。笑

 

 

観光関連では他に内閣府の地方創生カレッジでデザイン思考に関する講師をさせていただいております。

過去記事 > 地方創生カレッジ、「魅力ある観光地域デザイン」の講義を担当します。